益井雅のProgress Creativeは詐欺か?危ないビジネスの可能性は無い?!

益井雅のProgress Creativeは詐欺なのか?

この点については気になっている方も多いと思いましたので改めて調べてみました。

ネットビジネスというのは昔詐欺が横行してかなりイメージが悪くなっています。

また、ネットで検索してみると詐欺に騙されたというような情報が出てきますが果たしてそれは真実なのでしょうか。

インターネットは人間が求めている情報を優先して掲載するのでネガティブな情報が出てい安いという特徴があります。

今回益井雅のProgress Creativeについては慎重に調査をしましたが結論としてはやはり詐欺では無いと感じました。

その理由について今回は詳しく説明してきます。

益井雅のProgress Creativeを詐欺だと感じない3つの理由

前回も軽く説明していますが今回の益井雅のProgress Creativeについては詐欺では無いと感じています。

そもそもネットビジネスというもの自体今も誤解されていることからネットビジネスというだけで詐欺では無いかと思われています。

しかし、それは違います。

稼げるビジネスや初心者でも気軽に挑戦できるものが登場しておりその結果少しづつではありますがイメージも回復してきています。

もちろん、益井雅のProgress Creativeに関しても詐欺では無いと思っていますがその理由についてここからさらに深堀して説明していきます。

大きく3つの理由があります。

1.PCサービス(PCアフィリエイト)はビジネスモデルを公開している

詐欺ビジネスというのはビジネスモデルが何なのかわからないものが多いです。

例えば

 

「絶対に稼げる!」

 

「これであなたも月収1000万円」

 

といったように何をするのかわからない、何で稼ぐのか明記されていないビジネスも結構沢山あります。

そういったビジネスとは異なり益井雅のProgress Creativeについてはビジネスモデルが明かされています。

こういったビジネスはとても詐欺とは思えないというのが正直な感想です。

 

2.詐欺ならその理由が明確になっているはず

もしも詐欺ということであればその理由が明確になっているはずです。

でなければ詐欺とは言えないどころかただのフェイク情報だと思います。

一般的に詐欺ビジネスは「〇〇に問題があり××という結果を得ることができないから詐欺」というように具体性があります。

だから詐欺だと言い切れますが今回益井雅のProgress Creativeについて調べていますがそういった詐欺を断定できるような情報は確認できません。

したがって詐欺とは言えないのではないでしょうか。

 

3.詐欺を主張するサイトが怪しすぎる

今回益井雅のProgress Creativeを詐欺だと主張しているサイトがありましたらそちらの主張が意味不明です。

結局どうして詐欺なのか芯をとらえるような情報も無ければ具体的な数字やデータもありません。

状況証拠的なモノだけで判断しているという事であればこれは信ぴょう性のある情報とは言えないでしょう。

また、詐欺という主張をしているサイトとのほぼ100%が別のビジネスへの誘導を目的としたサイトになっています。

これによってLINEや別ビジネスを紹介し利益を得ようとしています。

そういったサイトは検索してきたユーザーを怪しげなビジネスに誘導するのが目的なので気を付けて下さい。

益井雅のProgress Creativeについてもそういったサイトが確認されているので「詐欺だ!」「怪しい!!」という主張のサイトを見つけましたら要注意です。

怪しげなビジネスを紹介されて本当に詐欺に遭ってしまうかもしれません。

ネットの情報を鵜呑みにするのではなく、まずは調べてみる癖を付けるのがおすすめです。

 

詐欺ビジネスか判断する方法紹介!

今回の場合は詐欺かどうかを見極めることが出来ればすぐに信用できるかどうかわかるので見分け方や判断する際のポイントについても紹介していきます。

連絡先や会社情報が記載されていない

まず最初に詐欺ビジネスの特徴について解説していきます。

多くの詐欺ビジネスはお金を持ち逃げすることが目的なので「連絡先」を記載していないケースが多いです。

例えば特商法です。

特商法には少なくとも以下のような内容が書かれています。

  • 会社名
  • 代表者名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こういった会社の情報が分かるようなものが記載されているのですがそれが無いケースもあります。

その場合は詐欺を疑いましょう。

詐欺ビジネスというのは先ほども説明したようにお金を持ち逃げするのが目的になるので会社が特定されると乗り込まれたり、弁護士によって請求される可能性があります。

しかし、さすがの弁護士も請求先が分からないとお金を取り返すことができないので泣き寝入りになります。

住所や電話番号、メールアドレスなど相手の会社情報が分からない時点で危険なビジネスもしくは詐欺を目的としたビジネスの可能性があるとして注意が必要です。

また、会社情報についてはきちんと登記されているのかネットでも確認することが出来るのでそれで確認するという手もアリです。

特商法の有無や連絡先の記載があるか確認することで詐欺かどうかの判断が出来るので活用してみてください。

ビジネスモデルに問題があるか確認

詐欺ビジネスはシンプルにビジネスモデルに問題があるケースが多いです。

実はネットビジネスの中には稼げないものや実現が不可能なモデルというものがあります。

例えばAIが勝手に商品を検索し売れる商品のみを仕入れて販売するという最新のせどりがあるというビジネスがあったとします。

今の時代はAIやチャットGPTなどを使用することで人間が操作しなくても人間に近いもしくはそれ以上の働きをしてくれます。

これを上手く使えば稼げる気もしてきますがそこがミソになります。

一見すると稼げそうですが今の技術をもってしてもAIやチャットGPTのみで稼ぎ出すことは出来ません。

もし本当に稼げるのであれば何故紹介するのでしょうか。

自分たちでひっそりとやっていれば稼げるでしょうし、人を雇ってやれば会社として上手く行くはずです。

これはビジネスモデル自体が嘘で稼げるように見せかけ情報弱者と呼ばれる人たちを騙すことが目的です。

ビジネスモデルについてはしっかりと調べて稼げるのか確認しておくと詐欺を防ぐことが出来るでしょう。

 

益井雅のProgress Creativeについては詐欺の要素や情報は確認できない?!

やはり何度調べても益井雅のProgress Creativeについては詐欺の要素や情報が確認できません。

もしも詐欺という情報があるならその情報やデータの信ぴょう性があるのか、利用者が実践して得られた結果なのか、少なくとも半年間くらいは実践しているのかなど詐欺かどうか判断するための情報がそろっているのかチェックすべきです。

益井雅のProgress Creativeについてはそのどれもが確認できないだけではなく詐欺という根拠もいまいち納得が出来ないものばかりでした。

ネットビジネスについては昔から目の敵にされて悪評が出てくる場合も多いですが悪評があるからといって粗悪なビジネスではないケースも多いです。

まさに今回の益井雅のProgress Creativeについてもそういったネットビジネス自体が持っているイメージや評価を下げようと意図的に情報操作されている可能性が非常に高いです。

詐欺というサイトやブログなどを見たら本当なのか確認しましょう。

安易に信じると逆に危険なビジネスに誘導されて痛い目を見てしまう事もあるので気を付けて下さい。

コメントする